ミノキシジルは発毛効果がトップクラスの医薬品

ミノキシジルは発毛効果がトップクラスの医薬品

男性の薄毛対策は、永遠のテーマとも言えます。

 

年齢と共に、髪の毛が薄くなった、頭頂部が薄くなった、など、多くの男性が気にし始める事でしょう。
また、近年では、若年性の薄毛も多いようです。

 

30代から、薄毛には注意が必要です。

 

また、対策をしている人も多く、ドラッグストア等では、薄毛対策商品としてコーナーが設けられています。
それだけ多くの人が薄毛に悩んでいるという事でしょう。

 

薄毛の原因について

 

薄毛の原因には、いくつか種類があります。
まず、遺伝によるものです。

 

父、祖父、または親類に薄毛の男性がいれば、遺伝の可能性が高いです。
この場合、事前に自分が薄毛になりやすいかどうかが分かりますので、対策もとりやすいです。
次に、生活習慣による薄毛です。

 

これは、睡眠不足や、栄養不足により、髪の毛が抜けやすくなり、薄毛になるものです。
頭皮を不衛生にする事なども、薄毛の原因になります。

 

若いうちに起こる場合も多く、生活習慣を改善すると、自然と髪の毛が復活します。
最後に、ストレスによる薄毛です。

 

ストレスによって、薄毛になるというケースは比較的多く見られます。
例えば会社員をしていて、人間関係のストレスが溜まっている場合、抜け毛が増えて来たりします。
その最もひどい状態が、円形脱毛症などと呼ばれる病気です。
この場合は、通常の育毛剤よりも、ストレスを緩和するような治療が必要になります。

 

薄毛治療に用いられる薬剤

 

特に、近年、話題のAGAクリニックという育毛専門の病院で治療には、ミノキシジルという薬剤が用いられる事が多いです。
ミノキシジル成分を含む薬剤を頭皮に塗布する治療法や、医薬品の錠剤として飲む治療が行われます。
ミノキシジルは現在日本で用いる事の出来る育毛剤の中では、発毛効果がトップクラスと言われています。

 

その作用メカニズムとしては、毛根に直接働きかけ、発毛サイクルを活性化する働きがあるとされています。
女性の薄毛治療にもミノキシジルは用いられる事もあります。
男性も女性も、薄毛の原因と言うのは、多岐にわたりますので、様々な薬剤を用いても発毛効果が実感できない場合もあります。
例えばストレスが原因の薄毛には、メンタルケアの医薬品などが有効の場合もあります。